2014年2月 7日 (金)

亡くなったんだー

フィッリップ・シーモア・ホフマン、亡くなったんだー

最初、バスの中で流れる文字のニュースでアカデミー主演賞俳優ホフマンって字を見た時、ダスティ・ホフマンかと思った。
その後、フィリップ・シーモア・ホフマンと知ってびっくりだった。
旅行先のホテルでアメリカのニュースを見てたら、アメリカでもかなりの衝撃だったようで、トップニュースで取り上げられてた。
フィリップ・シーモア・ホフマンの出演履歴を見ていたら、色んな映画に出てたんだなーと思った。
見た映画でもどの役だったか思い出せないのがある。
セントオブウーマンとかパッチアダムスはどんな役だったかな?
しかもずっと長いこと気になって見られない映画トリプルボギーにも出てるんだ・・・
出ている映画の範囲がとても広い
一番最初に、フィリップ・シーモア・ホフマンをすごい!って思ったのは、ハピネスの変態役だな。監督が彼は演技をしているように見えなかったって言ってた。
その頃、ワンダーランド駅でを見た母親が、チョイ役なんだけど気持ち悪くてすごい気になる俳優さんが出ているって言うので、映画を見たらホフマンさんで、チョイ役でもすごいインパクトだなーって感心したことを思い出すな。
あとその後に出たロバート・デニーロと共演した映画でオカマ役と羊たちの沈黙の続編(タイトル忘れた)を続けて見た時、なんだかすごいなーって思った。
私生活は落ち着いた人なのかと思ったら、ニュースを見て、過去にアルコールやドラッグの中毒でかなり苦しんでたことを知った。
本当に苦しんでる人は、それを隠そうとして、何もないよ、普通だよって装うんだなーって思った。

2013年12月30日 (月)

つかれすぎだ・・・

本当にこの数ヶ月は、忙しくて、疲れたな。

何時間もトイレを我慢したり、一日一食しか食べられなかったり、これじゃあ体を壊してもしょうがない。
できたら、倒れればよかったのにな。
残念ながら、ずっと元気だった。
先のことはいつものように分からないけど、来年は思いついたことをとりあえずやりたいな。
ギターも鉄琴も手作りすることも、格闘技も、映像作りも、英語の勉強も、畑仕事も、文章を書くのも全部やりたい。
仕事やっている場合じゃないな!

2013年9月 8日 (日)

やっぱり良い映画なのかな??

宮崎駿監督の「風たちぬ」はつまらなかったし、なんて中途半端な映画なんだろう、やっぱり年取ったのかなーって否定的に思ってたけど、みんなの意見を聞いてたらやっぱり良い映画なのかな?って考えるようになりました。

周りの人たちは賛否両論で、意見がまっぷたつなんだけど、好きな理由も嫌いな理由も各自違う。
えーそんな見方があったんだーとかって発見があったり、あそこはこうだよね?とか、なんやかんや映画の細かいところまでみんな喋ることができる。
主人公の男の人は宮崎駿自身だって母親が言ってたのを聞いて、そういう見方もあるんだなーって思って、どうして?って聞いたら、だってタバコをいっぱい吸ってるし、度の強いメガネかけてるし、机に向う仕事だからって結構見たまんまの意見だったので、もっと深いこというのかと思ったのにな、うーん・・・と思いました。
見た後に、あのドイツ人はジブリを海外に紹介した人がモデルになってるとか、流れてた歌は第二次大戦中の反戦歌だったとか聞いて、結構深いんだなーって思いました。
あとヒロインの住んでいるおうちが登戸だったのが興味深かった!って言ったら、自分以外の人は面白くないんだなーと感じました。
映画見終わってあー面白かったーって言いながら何も感想がない映画より、議論ができる映画のほうがいい映画なんだと思います。
つまらない、不愉快!っていいながら、あそこがダメ、あの場面が嫌いって言える映画の方が心に残ってるんだと思う。
そう考えると「風たちぬ」は良い映画なんだなと考えを改めました。

2013年8月12日 (月)

人になれるのは・・・

最近縁って不思議だなと思う。
縁がないと思えば、色んなことがすんなり納得できる。
10代や20代前半の頃、仲良かった人はほとんど今では音信不通だ。
いま仲良くしている人の多くは、5年前や10年前には知らない人だったりする。
知り合った当時はそんなにでもなかったのに、いまではその時仲良かった友達よりも続いている友達もいる。
きっといま友達でないのは縁がなかったのだろう。
仏教でなにかを得るためには、今つかんでいるものを離さなければならないっていう言葉がある。
そういうことなんだろうな。
自分は、人見知りなのでほんとうにその人になれるのは3年かかる。
でも前よりは、少し会話のキャッチボールができるようになったと思う。
今日は暑いですねって言われたら、本当に灼熱ですね、これも温暖化のせいですね!って返事すればいいってことが分かりました。
あと相手の口の開き方とか鼻の穴を見て、その人が息を吸ったら息を吸う、息を吐いたら息を吐くのが会話のポイントだと思います。
昔はそれが全くできなくて苦労したけど、最近はこのように会話のスキルをあげてきました。
でも時々、そういうのがかなり面倒になって誰とも会わずに一人でいたいときがあります。
わがままをいうと、自分のことは野良ネコを見つけたときのようにちょっとずつ近寄って接してほしいです。
生きるのって大変だな。

2013年8月 5日 (月)

アートアクアリウム

お友達に誘われて、日本橋までアートアクアリウムに行ってきました。

新聞もテレビも見ないから(ほんとうにこの世の出来事からどんどん遠くなっていく・・・)、毎年こんなのが開催されているなんて知りませんでした。
金魚がアートにアクアリウムされていました・・・
でも途中からこの金魚は餌いつ貰えるんだろうな?こんなに沢山の人にじろじろみられて嫌じゃないのかな?音はうるさくないのかな?やっぱり生き物をこんな風に見せ物にするのはよくないんじゃないのかな?ブッタも同じこというだろうな・・・とか考えたら金魚が可哀想になってきました。
でもって頭が大きく不自然に脳みそ状に膨らんでいる金魚とか見てたら、死んだおばあちゃんが魚は死んだ人の生まれ変わりなんだよって小さいときに教えてくれた話しとか思い出して、とても気分が悪くなりました。
そして、お友達を残して途中退場してしまいました。
自分は金魚が苦手だということが分かりました。
その晩、金魚にうなされて夜中の2時に目が覚めました。
これは金魚の呪いだと思います。
金魚がこわい・・・

2013年7月17日 (水)

立候補

ポレポレ東中野にマック赤坂や羽柴誠三秀吉などの泡沫候補を追ったドキュメンタリー「立候補」を見てきました。

すんごい良かった。
最後の最後に大泣き。
作り手側も最後こんなこと起こるって期待しないで撮ってたんじゃないかな。
泡沫候補がどんな政策を訴えているのかは結局良く分からないんだけど(多分作り手側もそこをテーマにはしてないんだと思う)、夢を諦めきれない人たちが負けるのは分かっていても、あまり人から支持を得られなくても、挑戦し続けていることを追ったドキュメンタリーなんだなと思いました。
本人達は自分の意見を聞いてもらうためにはまず踊ったり、兜を被ったりしてみんなの気をひかないといけないと信じていて、それはひどくとんちんかんだし滑稽なんだけど、だから余計に最後に泣けたんだろな。
人からバカにされて笑われたりとんちんかんな方法で頑張る人を見ると、他人事に思えなくてそれだけで胸打たれるんだよなー

2013年7月12日 (金)

チャリーピー

チャラとスリーピーという大好きな二組のライブを見てきました。

この組み合わせ、見た時信じられなくてほっぺたつねりました。
(うそです、そこまではしなかったな)
チャラが声かけたのかな??
好きなものって繋がるのかなって、最近よく思います。
こんなワクワクしたのはハースペースとキャロラインの組み合わせを見た時以来だな。(でも結構、そんなむかしじゃないな・・・)
チャラはCD全部聞いている。
昔から大好き。
なのにCDのアーティストかな?と思って、一回もライブ言ったことがなかったです。
あーはやく行っとけばよかったよ。
むかしの曲を結構やってくれて、それこそ何度も聞いてた曲を聞けたときは胸がいっぱいになりました。
願わくば、月と甘い涙が聞きたかったな・・・
チャラの歌を聴いていて鳥肌が何回か立ったし、最後のタイムマシーン聞いたときは泣きそうになりました。
一緒に行ったお友達がチャラにあんまり興味ない人だったのに、チャラ凄かったねーって言ってて、もうほんとうにその通りだって思いました。
スリーピーもいつものように良かったし、もしかしたら成山君のほうが歌がうまいのかもしれないけど、でもチャラのライブ力というのか、パワーというのか、もうすごくて圧倒的だったな。
チャラ、かわいかったな。
でもかっこよかった。
今年見に行ったメイシー・グレイみたときみたいにしびれました。
かわいくてかっこいい人に憧れるな。
それまでは、メイシーみたいにアフロにしたいと言ってたけど、いまはチャラになりたいです。
といったものの、よく落ち着いて考えると自分は影響されすぎだ!
色んなことに影響されすぎて、ぐちゃぐちゃだ。
でも楽しいからいいかな。

2013年7月 7日 (日)

ああ、ほんとうに・・

会社で大きな事故が起きてしまった・・・

毎日事件が起きていて、感覚が麻痺していたけど、今回はたいへんなことだと思う。
自分とは直接関係のないことなんだけど、同じところで働いている人がこんな目にあっているのかと思うと胸が痛むし、泣けてくる。
こんなことが自分の身に起きたら、自分には耐えられるだろうか?
詳しくは書けないが、
人の入れ替わりが激しく、常に人が足りない状態で、仕事もどんどん増えていくなかで起こるべくして起こった事故だと思う。
もっと大きな事故が起きたって不思議じゃない。
すごく腹が立つ。
こんなところで働くべきじゃないのは分かっている。
分かっているんだけど、なかなか踏ん切りがつかない。
くやしいな。

2013年6月18日 (火)

イノセントガーデン

パク・チャヌク監督のハリウッドデビュー作品「イノセントガーデン」を見てきました。

出だしからゾクゾクで、ものすごいよかったです。
しびれました。
パク・チャヌク監督の作品は苦手なんだけど、何年経っても記憶にあるってことはやっぱりすごいのかなーと思います。
その時面白かった!と思っても、全然どんな映画だったから思い出せないことが多いのに、何年も経ってるのにあそこがこーで嫌だったって印象を残せるってことは素晴らしいことだと思う。
ハリウッドに言って、洗練された感じです。
主役のミワなんとかさんが、ほんとよかったー
いじわるな男の子を尖ったえんぴつで刺して怪我をさせるところなんて、もっと刺してやれ!って応援したくなりました。
それにしても、彼女は出演作品の選び方が上手だな。

2013年6月12日 (水)

いいねー

お友達に誘われてカーリージラフとレオ今井という人のライブを見に行きました。

二人とも方向性が違うけど、どちらもかっこよかったなー
またギターを弾きたくなりました・・・
レオ今井さんは目力があるなー
あと自分の近くでステージをじっとみるおじいさんがいて、あれはレオさんのおじいさんなのかな?と思いました。
カーリージラフでサポートをした人がニール&イライザの人だよ教えてもらいました。
えー!って驚いたものの、キャンディキャンディに出てくる意地悪な姉妹の名前からとったバンドの人だというぐらいの知識しかない・・・
でその人が、コーネリアスとかのサポートをよくしてるらしいです。
ふーん、そうなのかって思いました。
時々、フリッパーズギターとかオザケンにコーネリアス(同じこと2度繰り返している気がする・・・)が好きだったでしょって聞かれることがあるけど、全然好きじゃないです。
全く興味なし!
なんでそういうのが好きな人に見られるんだろうな?

«ヒッチコック